あなたは患者さんならびにご家族の方ですか?

当医薬品情報サイト アーリーダ.jpは、
弊社の前立腺がん治療薬「アーリーダ®錠60mg」を
正しく理解・使用していただくための情報サイトです。
患者さんとそのご家族の方へ、前立腺がんを理解し、
快適な生活を送るための情報提供を目的としております。

一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

前立腺がんについて

薬物療法

前立腺がんの薬物療法には、ホルモン療法や化学療法、また放射性医薬品やその他の薬剤を用いた治療法などがあります。化学療法は、ホルモン療法が効かない、または効果が弱くなった状態の前立腺がんに対する治療選択肢の1つです。
なお、ホルモン療法により男性ホルモンの分泌が抑えられているにもかかわらず悪化する状態のがんを「去勢抵抗性前立腺がん(CRPC:Castration Resistant Prostate Cancer)」といいますが、CRPCの治療ではこれらの薬物療法が用いられます。

① ホルモン療法
前立腺がんはアンドロゲン(男性ホルモン)によって成長、増殖します。ホルモン療法は、この男性ホルモンの分泌やはたらきを抑える薬を用いた治療法です。ホルモン療法で使用される薬には、LH-RHアゴニスト、LH-RHアンタゴニスト、抗アンドロゲン薬などがあります(表)。また、より治療効果を高めるために、精巣摘除術またはLH-RHアゴニスト(LH-RHアンタゴニスト)に抗アンドロゲン薬を組み合わせて行うCAB(Combined Androgen Blockade:複合アンドロゲン遮断)療法という併用療法もあります。
ホルモン療法は転移性前立腺がんの治療に用いられることがあるだけでなく、高齢のため前立腺全摘除術や放射線療法を行うことがむずかしい場合や、局所進行性の前立腺がんに対して手術や放射線療法と組み合わせて行われることもあります。
ホルモン療法の副作用としては、憂うつ、疲れやすい、骨折しやすい、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、性機能障害など、男性更年期障害のような症状が現れることがあります。

表 ホルモン療法で使用される主な薬剤

薬剤 特徴
  • LH-RHアゴニスト
  • 下垂体に作用して精巣からの男性ホルモンの分泌を抑えます。
  • LH-RHアンタゴニスト
  • 下垂体に作用して精巣からの男性ホルモンの分泌を抑えます。
  • 抗アンドロゲン薬・
    アンドロゲン合成阻害薬
  • アンドロゲンのはたらきを抑える作用があり、アンドロゲン受容体を阻害したり、アンドロゲン合成を阻害する薬などがあります。
  • エストロゲン
    (女性ホルモン剤)
  • 男性ホルモンの分泌を抑制するはたらきがあります。
LH-RH:黄体形成ホルモン放出ホルモン
  • がん情報サービス「前立腺がん」の項目を参考に作成

② 化学療法
化学療法は、一般的にホルモン療法の効果が弱くなったCRPCに対する治療選択肢の1つで、最もよく使用される薬にタキサン系抗がん剤があります。

③ 放射性医薬品
RI(ラジオアイソトープ)という放射性物質を用いた医薬品を投与することで、体内で放射線を出してがん細胞の増殖を抑える治療法です。骨転移のあるCRPCに対して用いられています。

④ その他の薬剤
遠隔転移を有するCRPCに対する治療選択肢の1つとして、特定の遺伝子変異(BRCA遺伝子変異)がある場合に使用されるポリアデノシン5'二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害薬があります。PARPは損傷したDNAを修復するはたらきをもつ酵素ですが、PARP阻害薬はこの酵素のはたらきを阻害することによってがん細胞の増殖を抑えます。